パスワード漏洩?!今更知ったios14の新機能について

お役立ち

こんにちわ!
iosがアップデートされるごとに、

さささん
さささん

アイコンのデザイン変わったんだ~

くらいにしか思ってなかった、iPhone泣かせのiPhoneユーザーさささんです。
そんな自分が、今更ios14の機能にびっくりさせられたので経緯を書いていきます。



1.「このパスワードはデータ漏洩で検出されたことがある」?

さささん
さささん

最近FaceIDばかりで、パスワード忘れちゃった…
なんだっけ?

iPhone7の時は指紋認証、12になってからは顔認証にお世話になってるので、
パスワードを意識する機会がめっきり減りました。
たまーに入力する必要があるものの思い出せない…
「設定」の「パスワード」に記録されてるからそこを見よう!
そう思ってめったに見ない設定を開いたら、こんな文字が飛び込んできました。

「セキュリティに関する勧告 セキュリティの危険性がみつかりました 18」

さささん
さささん

…18?!

文言だけでも物々しいのに、それが18も!
あわててタップしてみると

「このパスワードはデータ漏洩で検出されたことがある」

さささん
さささん

まじですか

データ漏洩したら企業からおしらせあるんじゃないの?
18も漏洩してるとかザルすぎる(自分が)
色んな思いが頭をよぎりました。



2.本当は漏洩していない?

パスワードを考えるのが面倒で、

使いまわし
簡単な羅列
あまり変更しない

こんなダメダメだった自分を反省。
パスワードを変更する際に、使ってなったサービスの退会もでき、
新年に向けてのデータ整理ができました。
一息ついて改めて警告文を見るとちょっと違和感が。

さささん
さささん

なんで「データ漏洩してます」じゃないんだろ

「データ漏洩してないけど、してるよ」みたいなちょっとマイルドな文章。
気になって調べてみたら、こんなことが書いてありました。

あなたの保存したパスワードが、データの漏えいで侵害されていないことを確認するために、Safariはパスワードを安全な状態で監視します。強固な暗号化技術を使い、侵害されたパスワードのリストに対してあなたのパスワードの導出値を定期的にチェック。これはプライバシーを守る安全な手法で行われるため、あなたのパスワード情報はAppleも知ることができません。

iPadOS 14 – Apple(日本)

どうやら、「侵害されたパスワードリスト」に自分のパスワードがあると警告がでるようです。
つまり、IDとパスワードがセットで漏洩したわけではなさそうでした。



3.パスワード管理にはアプリが便利

漏洩したわけではないので一安心。
とはいえ、リストには載ってるわけですから、
乗っ取られる可能性も高かったわけです。

さささん
さささん

もっと難しいパスワードを考えないと…

パスワード管理も面倒だったので、
これを機にパスワード生成と管理ができるアプリを使ってみることにしました。
毎月お金がかかるものから、最初に買えばあとはお金がかからないものまで様々。
とりあえず、370円で買い切りのEasyPass2というアプリで管理を開始しました。
パスワードの文字数や記号の有無なども設定できて便利です!



まとめ パスワードは自分で考えるな

もとはといえば、自分が覚えやすいように考えていたパスワード。
パスワード管理も生成も全部機械に任せれば、
自分の負担は0で漏洩の危険も限りなく0なんですよね。
これからはがんがんアプリを活用していこうと思った出来事でした。
皆さん、パスワード管理大事ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました