LINEギフトを使って感じた3つの魅力

お役立ち

LINEギフトって使ってますか?
この間LINEでやりとりしている時に、ふと思いついてLINEギフトを使ってみたのですが、
そしたらすごく好評をいただきました!
ちょっとしたお礼や労いを伝えるには最適な機能だなーと思ったので紹介します!



LINEギフトの魅力

LINEギフトとは?

LINEを使っている相手に様々なギフトを贈れる機能です。
価格帯も32円のブラックサンダーから高価なブランド物まであり、色んなシチュエーションに対応できるようです。
もちろん自分用にも買えるので、まずは自分で試してから相手に贈るのもいいですね!
また、相手の住所を知らなくても、送られた相手が自分で住所を入力できるので、カタログギフトなどのモノも贈ることができる優れもの。
もちろん支払いは各種キャリア決済、クレジットカード、LINEpayが使えます。

魅力1.LINEやりとり中に気軽にギフトを贈れる

今回贈った相手は悪阻中の友達や、引っ越したばかりの友達、育児に疲れた友達など。
特に記念日でもなかったのですが、やりとりの最中に、なんか疲れてるみたいだなーと思い…
ピロン♪と送ってみました。
内容は500円〜1000円くらいのスタバカードやAmazonギフトカード。

・悪阻中の栄養補給に!
・引越しお疲れ記念!
・たまには気晴らししてね!


といった感じでゆるーく贈れました。
こういうちょっとした贈り物は、日をおいてしまうと今更かな…、わざわざ贈るほどでもないかな…となんとなーく気兼ねしてしまうことが多くないですか?
タイミングを逃さずささっと贈れるLINEギフトはすごく魅力的だと思いました。

魅力2.豊富なラインナップから贈るものを選べる

ネタ的要素が強め(笑)な32円のブラックサンダーから、高価なブランドものまで豊富に取り揃えているLINEギフト。
贈る相手やシチュエーションによって充分な使い分けが可能です。
相手の好みがよく分からなければ、スタバのドリンクチケットやローソンのお買い物券、
Amazonギフト券などで好きなものを買ってもらうのが無難かと思います!

魅力3.気軽にプレゼント選びのワクワクを感じられる

義理や義務でなく、相手に何かをあげる時って選ぶ時からワクワクしませんか?
結婚祝いや出産祝いなど、大きなお祝い事だと考えるのが難しいかもしれませんが、
日常のちょっとした出来事へのお礼や労いなら、そこまで気負う必要もなし!
何あげたら喜んでくれるかな?と気軽に自分もワクワク感を味わえます。
面と向かってだと気恥ずかしかったり、タイミングが合わなかったりするかもしれませんが、
LINEギフトなら思い立った時に贈れるのが魅力だと感じました。

まとめ とりあえず使ってみようLINEギフト!

LINEギフトは、気が向いたときに手軽に気持ちを伝えられる素敵なツールだと思います!
使い方はLINEギフトの公式ブログにわかりやすく書かれているので、ぜひそちらを参照してみてください。
数百円程度のギフトなら相手の負担にもならず、思いのほか喜んでくれるかもしれません。
物は試し、とりあえずLINEギフトで誰かにささやかなプレゼントをしてみませんか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました