ブログを20記事書いて感じたブログの心得

息抜き

こんにちは!
なんとなく20記事書いてきて、少しずつ書くことが習慣になってきたさささんです。
まだまだ文章も構成も改善するところばかりですが、
これからも書いていく上で、覚えておきたい事を忘備録として書いてきます。
めっちゃえらそうに書いてますが、PVも収益もまだまだな初心者ブロガーです。

 



1.自分の当たり前が記事になる

当たり前にやっていると、それが普通になって気にもしないもの。
でも、必ずその事を初めてやる人もいますよね。

さささん
さささん

今日は書く事ないな…もうネタなんてない…

そんな時こそ、自分が当たり前にやってる事を切り取って、丁寧に書くべき時。

初めてこれをやった時はこんな気持ちだったな

なんて自分を見つめ直す事もできて、新鮮な気持ちにもなれます。

2.書けないもやもやは書かないと解消しない

書きたいことはあっても、時間がなくて書けない!

さささん
さささん

今日は諦めよう…
今日は書くの面倒だからやめよう…

そう思っても、どこかもやもやしてしまうのは自分だけでしょうか?
ブログ書かないぞー!漫画読むぞー!
そう思って読んでもどこかもやもや。
違うことで発散しようと思っても発散されないんですよね。
とりあえず少しでも書く、そうすると不思議とちょっとスッキリ。

さささん
さささん

あとちょっと、あとちょっと…

そう思って一記事書き上げると、もやもやが綺麗さっぱり消えてたり
仕事のストレスは仕事でしか発散できない!といいますが、
ブログのもやもやもブログで発散するのが一番のようです。

3.優先順位を見極める

ブログのもやもやはブログでしか発散できない!とは言っても、
自分が今1番大事にすべきものはなにか?
それをはっきりさせないとみんなが不幸になるだけ。
家族との時間を犠牲にして記事を書いても楽しくないですし、
仕事の手を抜いてブログに時間を費やしても、後味が悪いだけ。

自分にとって、ブログをやる目的は何なのか?
その目的のために犠牲にして良いことなのか?

これをしっかり認識すると、自然と優先順位がついて、
ブログに対するストレスも減ると感じました。

4.アクセス数や収益を気にしない

有名ブロガーや芸能人、才能のある人でない限り、
書いてすぐにアクセスや収益に繋がることはないのがブログの世界。

今は種まきの時期と割り切って、こんな覚悟が必要。

淡々と色んな種類の記事を植え、どんな実がなるかな?と気長に待つ覚悟

すぐ実がなってる隣のブロガーさんのブログが羨ましくなりますが、
せっかく開設した自分のブログを愛を持って育てていくことが大事なようです。

まとめ ブログに必要なのは忍耐

たかだか20記事書いただけの初心者ブロガーが偉そうに書きました。

・自分のあたりまえがネタに。
・ブログのストレスはブログで解消
・優先順位を明確に
・アクセスや収益を気にしない


この4点を心に、これからも書いていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました